• ホーム
  • イベント
  • 熊本大学所蔵「松井家文書」調査 市民セミナー№1「加藤清正と...

熊本大学所蔵「松井家文書」調査 市民セミナー№1「加藤清正と名古屋城天守石垣」の開催について(7/20)

開催予定

 7月20日(土)に、熊本大学所蔵「松井家文書」調査 市民セミナー№1「加藤清正と名古屋城天守石垣」を開催します。
 永青文庫研究センターでは、昨年度より、熊本大学所蔵「松井家文書」の本格的な調査をはじめました。その調査を進めていく中で、名古屋城天守閣石垣に関する、新史料が発見されました。
 すでに新聞・テレビ報道などでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、本セミナーでは、その「松井家文書」より発見された新史料をもとに、新たに判明した事実と史料発見の意義、名古屋城の普請について講演いたします。
 どちらの講演も非常に聴きごたえのある内容となっておりますので、皆様ぜひご参加ください。

セミナー.png

加藤清正と名古屋城天守石垣

7月20日(土)14:00~15:30
会場:熊本大学附属図書館1階ラーニングコモンズ

14:00-14:45
 報告1「清正の天守台普請 新史料発見の意義」
  講師:稲葉 継陽(永青文庫研究センター長/教授)
14:45-15:30
 報告2「細川家の名古屋城公儀普請」
  講師:後藤 典子(永青文庫研究センター特別研究員)

参加費無料、申込みは不要です。
※セミナーに関するお問合わせは、永青文庫研究センターまでお願いします。

  • よくある質問 Q & A
  • 刊行物